あくむ病院

メンヘラ絵描きVTuber準備中の鈴子らんと主治医(中の人)のりゃんのブログです。イラスト・漫画などの創作から日常まで。 ※微グロ・ダーク表現注意。

#ダーク の検索結果:

悪夢日記4 切りたい夢

次← →前 初めから読む

夢現 番外編 ここは

次← →前 初めから読む

悪夢日記3 食事の夢

次← →前 初めから読む

夢現 第一話 夢の狭間で1

次← →前 初めから読む この先さらに謎展開になります。すみません。 ※この話には今後ダークまたはグロテスクな表現を含むのでご注意ください。

夢現 プロローグ

次← これから不定期に連載していくのでよろしくお願いします。

悪夢日記2 吐く人の夢

次← →前 初めから読む りゃんちゃんは嘔吐恐怖症です。

追想

りゃんちゃんとかのんちゃんの話。(明るくない百合です。) カフェインはあるけどここにはそれ以外何もないという気がする。かのんちゃんに口づけした時、その唇は微かに震えていた。あの感じがずっと残っている。 テーブルの上のカフェオレは冷めきっていた。私は常日頃からこれに頼って生きているのだ。これに私の生活が左右されていると言っても過言ではない。私の気分はアガったりサガったりする、カフェインの効き方次第で。 「…なんて、そんな風に言ったら意地悪だよね。ごめんね、カフェオレ、いつも幸せ…

カレンダー

真っ白な紙の日めくりカレンダーのページが一枚ずつ減っていく。その移り変わりによってひなみは日々の時の流れを実感していた。 (血がついてる…。) “十八”と書かれた紙の端に付着した鮮やかな赤を拭うと、まだ生々しい感触がした。 白く無機質な壁にぽっかりと開いた穴のような窓の向こうに濃い緑の夏の葉が茂るのが見える。蝉の声の行き交うのを聞いているとなぜか目の端がじんわりと熱くなった。 「なんで泣いてるの。」 振り返るとりょうが立っている。目から水滴が落ちるのを感じながら答えた。 「わ…

悪夢日記1 歯の夢

次← 実際に見た悪夢の記録です。 (登場人物は創作キャラクターに変えています。)